上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
   

2008年(平成20年)8月31日、NHKの放送番組「NHK特集」の中で、ミツクリザメがダイバーの腕に噛み付くシーンが放送されたが、これはサメの顎の動きを確かめるために敢えて噛ませたものであり、基本的には人に対して危害を加える事はない。
現在までに数十個体が採集されているが、得られた貴重な個体は剥製標本にされたり、研究に使われるため、食用にされることはまずない。一時生きたミツクリザメが東海大学海洋科学博物館や、葛西臨海水族園にて飼育されていたが、これは極めて稀な例である。
日本では、剥製標本をしながわ水族館(東京都)、京急油壺マリンパーク(神奈川県)、葉山しおさい博物館(神奈川県)、世界クワガタムシ博物館(埼玉県)、駿河湾深海生物博物館(静岡県)などで見ることができる。 (Wikipedia)
08/07|不思議な生き物コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

Author:ぜぼねさん

カテゴリ
RSSフィード
S 8 16 32
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。