上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
   

ネズミザメ目メガマウス科に属するサメ。大きな口をしていることからメガマウスと呼ばれている。古い形態を保ったサメで、 現代に繁栄しているサメの形態とはかなり異なる点が多い。
太平洋やインド洋など熱帯から温帯の深海に生息し、プランクトンを食べている。昼は水深100mから200m程度のところにおり、夜間に浅いところまで浮上してくるとされる。しかし、メガマウスの捕獲例は世界でも41例しかなく、また深海に生息していることから死体が漂着するのは極めて稀で、生態は未解明な部分が多い。 (Wikipedia)
08/09|不思議な生き物コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

Author:ぜぼねさん

カテゴリ
RSSフィード
S 8 16 32
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。